• 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン
  • 一般社団法人フィットボクシングジャパン

団体概要

代表挨拶

この度は弊社ホームページをご閲覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

一般社団法人フィットボクシングジャパン

代表理事 武藤直樹です。




わたしの趣味はランニングです。

これまで多くの市民マラソンレースに出ており、

日々マラソン練習をしながら、

昨今のマラソンブームについてよく考えるのです。


これだけ賑わう市民スポーツの人気の根源は何なのか。


老いも若きも健康志向の高い現代では、

気軽に始められ、長く継続できるランニングは、

美容や健康を維持するため、仲間づくり、生きがい作りの、

大切なツールなのだと思います。

〖ボクシング〗と聞くと、

さまざまなイメージをもたれると思います。

「怖い」「痛そう」「男のスポーツだ」など、


ボクシングは一部の人の競技スポーツであり、まだまだ敷居の高いスポーツであるというのが多数の意見ではないでしょうか。

私も高校時代から苦しい減量と激しい練習などを経験し、ボクシングの過酷さを身にしみて感じてきました。


それでもボクシングは面白い。

ボクシングは楽しいのです!


殴り合うだけがボクシングじゃない!

グローブがなくても、リングがなくても、小学生でも、60歳からでも

だれでも気軽に始めることができます。

ボクシングは、一般市民が安全に楽しめるスポーツです。


マラソンの「市民ランナー」のように、気軽に始められ、

誰でも楽しめる「市民ボクサー」を増やし、

ボクシングも一般市民に愛される市民スポーツになることが我々の夢です。




我々は「ボクシング」というスポーツを通じ身体を動かすことの楽しさを伝え、

心身の健康づくりをサポートいたします。

心・身体の健康維持、向上ができることで一人一人の生きがい作りにつながるよう

少しでもお役立てすることができれば、

それは我々にとって最高の喜びであり、我々も生きがいを感じる瞬間であります。




2015年7月

一般社団法人フィットボクシングジャパン

代表理事 武藤直樹